生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度のご案内

生活福祉資金貸付制度は、低所得世帯、障害者または高齢者の属する世帯に対し、資金の貸付けと必要な相談支援を行うことにより、その経済的自立を図り、安定した生活を送れるようにすることを目的とした制度です。

総合支援資金の概要
◆貸付対象
失業等、日常生活全般に困難を抱えており生活の立て直しのために継続的な相談支援(就労支援、家計指導等)と生活費および一時的な資金を必要とし、貸付けを行うことにより自立が見込まれる世帯
詳細はこちらをご覧ください
福祉資金・教育支援資金の概要
◆貸付対象
独立自活に必要な資金の融資を他から受けることが困難な低所得世帯。身体障害者手帳などの交付を受けている者の属する障害者世帯。日常生活上療養または介護を要する65歳以上の高齢者の属する世帯。
詳細はこちらをご覧ください
不動産担保型生活資金の概要
◆貸付対象
低所得世帯であること。
世帯員全員が原則として65歳以上。借入申込者が単独で所有している不動産に居住していること。(マンションは対象になりません)など
 
詳細はこちらをご覧ください
臨時特例つなぎ資金貸付制度の概要
◆貸付対象
離職者を支援するための公的給付や公的貸付を申請中の住居のない離職者を対象とする制度です。
詳細はこちらをご覧ください