いきいき長寿センター概要

富山県いきいき長寿センターとは

県民誰もがいつまでも社会の関わりを保ちながら健やかに生活することができるよう、高齢者の生きがいと健康づくりを促進するための様々な事業を展開し、明るく活力のある長寿社会づくりの実現を目指しています。

ご利用日時
月~金曜日の午前8時30分から午後5時15分まで。
ただし、祝日及び年末年始は休みです。

駐車場
2時間まで無料、当会館の地下1階と2階に100台程度あります。

交通機関
JR富山駅より徒歩15分。
または市電「富山駅前」より「県庁前」下車、徒歩2分。

富山県いきいき長寿センター概観

センターの沿革

年月日 事項
平成元年(1989) 7月10日 財団法人富山県いきいき長寿財団設立。富山県社会福祉会館に事務所を開設。
旧厚生省の高齢者保健福祉推進10カ年戦略(ゴールドプラン)の「高齢者の生きがいと健康づくり推進事業」に基づく「明るい長寿社会づくり推進機構」として、県が中心となり、市町村、民間の企業・団体、個人の協力を得て設立。
平成2年(1990) 7月10日 いきいき友の会制度が発足。
平成11年(1999) 11月11日 富山県総合福祉会館(サンシップとやま)に事務所を移転。
平成19年(2007) 3月31日 全ての事業を社会福祉法人富山県社会福祉協議会に移管することとし、財団を解散。
平成19年(2007) 4月1日 社会福祉法人富山県社会福祉協議会 富山県いきいき長寿センターが発足。運営開始。

事業紹介

いきいき長寿センターでは、関係機関・団体・企業等と連携し、時代の要請に合った様々な事業を行っています。

イベント開催事業

生きがいと健康づくりを推進するためのイベントを開催し、長寿社会についての県民の理解と関心を深めます。

健康と長寿の祭典開催事業
健康と長寿について共に考え、「日本一の健康県」と「いきいきとした長寿社会」の実現を目的とする総合イベントを開催します。

健康と長寿の祭典開催事業


全国健康福祉祭参加事業
ふれあいと活力のある長寿社会づくりを目指し、60歳以上の方のスポーツ・文化・福祉の全国大会が各都道府県の持ち回りで開催され、その参加者を選考・派遣します。
富山ねんりん美術展入賞作品

全国健康福祉祭参加事業

シルバーサービス振興事業

高齢化が進行する中で、シルバーサービスの健全な育成を図ることが重要であり、情報提供等を通じてこれからのシルバーサービスの普及に努めています。

情報誌発行事業
中高年層向けの生活情報誌「VITA」を年4回発行し、暮らしに役立つ地域の身近な生きがい情報等を提供します。
情報誌VITA

情報誌発行事業

高齢者能力活用推進事業

高齢者の潜在能力を地域社会で生かしていくための機運づくり及び機会の提供を行います。

シニアタレント活動事業
おおむね60歳以上の方々が、長年にわたって培われた豊富な経験・知識・技能を社会に生かすため、指導者(シニアタレント)を養成し、その登録・管理・普及を行います。
いきいき長寿センター広報

シニアタレント活動事業

社会参加活動促進事業

高齢者が健康で生きがいをもって社会参加ができるよう、知識の習得の機会の創設や仲間とともに行う生きがいと健康づくりの活動について支援しています。

いきいき長寿大学開催事業
おおむね60歳以上の方々が、地域社会に積極的に参加し、自らが生きがいをもって豊かな生活を創造できるよう、実用的な学習の機会を提供するとともに、自主的な学習活動を支援しています。
いきいき長寿センター広報

いきいき長寿大学開催事業


元気高齢者の仲間づくり支援事業
高齢者の方々を構成員とするサークル情報の提供や、組織化のための相談、ねんりん健康運動(軽スポーツの普及)等、仲間づくりを積極的に支援します。
サークル・クラブ

元気高齢者の仲間づくり支援事業1
元気高齢者の仲間づくり支援事業2