富山ねんりん美術展入賞作品

「第30回全国健康福祉祭あきた大会(ねんりんピック秋田2017)」選考会

第15回 富山ねんりん美術展

人生の年輪を重ねられた方々の生きがいと健康づくりの活動を促進するため、平成28年11月8日・9日の2日間にわたり、15回目の展覧会を富山県民会館美術館において盛大に開催しました。
今回は59歳から97歳まで、6部門で106点の出品があり、どの作品も年齢を感じさせない瑞々しい感性と創作意欲にあふれており、638名の来場者に感動と安らぎを与えてくれました。
なお、各部門の最優秀賞及び優秀賞作品は、平成29年9月9日から12日までの間、秋田県で開催される「ねんりんピック秋田2017」美術展に県代表作品として推薦します。

日本画の部 最優秀賞
「橅の大木」
滝本 武(魚津市)
日本画の部 優秀賞
「好野菜」
井澤 ひふみ(富山市)
工芸の部 最優秀賞
「花吹雪」
松本 春子(富山市)
工芸の部 優秀賞
「立山布橋灌頂会」
野中 桂子(立山市)
洋画の部 最優秀賞
「田植の頃」
和田 清正(南砺市)
洋画の部 優秀賞
「早春の早月川」
川辺 俊夫(射水市)
書の部 最優秀賞
「冠 松次郎の詩」
道嶋 一草(富山市)
書の部 優秀賞
「耕不盡」
近藤 童舟(富山市)
彫刻の部 最優秀賞
「邯鄲之夢」
森田 浩作(高岡市)
彫刻の部 優秀賞
「翔Ⅳ(夏休み)」
笠島 八寿胡(富山市)
写真の部 最優秀賞
「祭の日」
内山 康弘(上市町)
写真の部 優秀賞
「不思議な雪の造形」
沢田 みどり(黒部市)