活動推進計画<2012-2016>

少子高齢化による本格的な人口減少社会の到来、急激な経済情勢や雇用形態の変化など社会構造の急速な変化、世帯規模の縮小、単身世帯の増加などを背景に家族や、地域の支え合い機能が低下しており、地域においては、従来の福祉制度の枠組みだけではとらえられない課題が発生しています。
このような中、本会では富山県の地域福祉向上のため、自らの果たすべき役割と取り組むべき活動を明らかにした中期計画「富山県社会福祉協議会活動推進計画」を策定し、計画に掲げた目標の実現に向けて具体的な事業展開を図っています。
現在は、平成24年度から平成28年度までの5年間を計画期間とした第三次活動推進計画の推進に取り組んでいます。

 

基本理念 『ともに生き、ともに支え合う住民参加型福祉社会』の実現

基本目標 『地域で支え合う仕組みづくりと福祉を担う人づくり』

 

3つの重点目標

Ⅰ 多様な主体の参加と協働による福祉コミュニティづくりの推進
Ⅱ 利用者本位の福祉サービスの実現と心豊かな自立生活への支援
Ⅲ 福祉を担う人材確保と資質の向上

【事業推進の柱】

1 地域協働による地域福祉の推進
2 多様な機関との連携・協働による福祉教育の推進とボランティア・市民活動への支援
3 福祉サービスの利用者と提供者への支援
4 福祉の担い手確保と資質向上
5 県社協の活動基盤の強化

富山県社会福祉協議会活動推進計画