障害者虐待防止に関する相談

障害者虐待防止に関する相談

障害者虐待防止法について

障害者に対する虐待は、その尊厳を害するものであり、障害者の自立と社会参加のためには障害者の虐待を防止することが極めて重要です。

障害者に対する虐待の未然防止、早期発見、虐待を受けた障害者の保護、自立支援、養護者に対する支援等を進め、障害者の権利を擁護するため、「障害者に対する虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律」(障害者虐待防止法)が平成24年10月1日から施行されました。

この法律により、虐待を受けたと思われる障害者を発見した者は速やかに通報することが義務付けられました。

障害者虐待の通報や相談の窓口をはじめ、虐待防止に対応するため、県の委託を受け「富山県障害者権利擁護センター」を富山県社会福祉協議会に設置しました。

各市町村にも同様に「市町村障害者虐待防止センター」を設置しています。